« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

3月31日。

まだまだ、たいへんな状況の被災地。

それでもものまねの人や歌手の人がライブをしたり、サッカー選手がサッカー教室をしたり、なにかの力になればと活動しています。

山本直氏よりチャリティー公演に出演しませんかとのお知らせがありました。4月17日と急なのですが、できれば参加したいと思います。18歳以下なので、今本人たちの返事を待っているところです。

子りすの会としても義援金を昨日赤十字社に送りましたが、これからもずっといろいろな方向で、力になれればと思います。

今日で3月もおわり、早い大学は、明日からはじまします。進級、進学にともない本来は、レッスン時間もかわってきたりするのですが、今は、夜間が使えないので、限られた時間の中でやりくりしながらレッスンしていきます。

特に高学年以上は、土曜日の朝のレッスンに必ず来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばってレッスンしています。

今、節電のため、夜間の施設が使えません。限られた時間の中で幼児から大学生までレッスンをしています。

それでも、レッスンできるだけ本当に恵まれていると思います。

余震も少し少なくなってきましたが、まだまだ油断ができないという状況のようです。

いろいろな公演も中止、延期になっています。

原発も心配ですし、電力がいつになったら足りるようになるのか…。

それでも、できるだけ今まで通り、みんなでレッスンしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「春」コンサート

昨日、21日、目黒4中の体育館で、4中の合唱サークルのコンサートがおこなわれました。

子りすのメンバーが15人中4人います。

地震のため、練習もたいへんだったようですが、被災者にも思いを届けたいとみんな心をこめて歌っていました。

小学校で3年間、中学で3年間、合唱をしてきた3年生10人も違う高校に進学、一緒に歌う最後の発表の場でした。

「手紙」「ありがとう」「風になりたい」…こころ豊かな時間でした。

指導された田中さん(保護者の方と聞いています。)、サポートをしているお母様方、すばらしいです。(* ̄ー ̄*)

みんな素敵な日々をすごしましたね。これからも常に何かをみつけ、がんばっていってほしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前を向いて進みます。

3月11日、Cクラスのレッスンの時に、地震がありました。地下にある部屋は船の中のように揺れたので、1階にとりあえずみんなで上がりました。

落ち着いたところで、余震がくるだろうと荷物をとってきて建物の外へ。携帯で三陸沖が大地震と知りました。今日はとりあえず帰りましょうということで解散してまもなく余震。

家に帰ると思ったよりは、家の中は物が少し落ちていた程度でしたが、テレビから知らされる被害の凄まじさにただただなんでこんなと悲しくなるばかりでした。

仙台には、知り合いの先生もいて、心配でしたが、連絡はつくわけもなく、ついたところでなにもしてあげられない。

月末に行われるコンクールに向けてのレッスンが次の日もあったのですが、余震もあり、やめることにしました。

それでも13日からコンクールに向けてのレッスンをはじめたのですが、結局、コンクールは中止になりました。

水曜日、普通にレッスンをがんばろうと思いましたが、幼児のクラスは、2人が帰省、あとは余震のなかやはり不安でお休み。小学高学年のクラスからみんなでがんばりました。

金曜日、幼児のクラスと1年生のクラスは、インフルエンザと余震が不安なのと帰省で全員休みとのこと。車でこようと思ってもガソリンが入れられないという人も。

そんなところに節電のため、4月いっぱいまで夜間の会場が使えないことになり、その日はとりあえずお休みにしました。

そして、昨日一昨日は、これからのレッスンのお知らせを全員に発送しました。

原発のこともあり、余震も1カ月ぐらいはあるようですが、節電にこころがけながら、来れるメンバーでレッスンしていこうと思います。

低学年以下の子はとても不安定になっています。今の段階でレッスンにきているのは、4人ですが、楽しくレッスンして帰って行きました。1人でも多く、早く来ることができるようになればいいなと思います。

仙台の先生とは連絡がついて、みんな無事だけれど、食べ物もガソリンも全くないとのことでした。送る手段がなく、やはりなにもできない私です。

今できることは何か。後ろ向きに考えず、前向きに行動していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

39企画

今日、研究クラスはお休みにして、桜美林大学総合文化学群演劇専修4年生有志によるm(_ _)m39企画を見てきました。

文字どおり、いろいろな人にサンキューするという企画。最後に4年間のOPAPのアラカルトを行い、呼びかけをして終わりました。ああ4年たったんだなと思いました。

友美が在籍した4年間、子りすの皆さんにも何回も淵野辺まで足を運んでもらい、OPAPをはじめ、トマトーズの公演など見にいってもらいました。

桜美林の学生のみんなも子りすの発表会や「ダンスっておもしろい!?」を見に来てくれたり、トマトーズとして、子りすの20周年のパーティーに参加してくれました。

私自身も桜美林の公演の形態に接して、「ダンスっておもしろい!?」をやろうと思ったり、演劇とダンスのかかわりなどを考えたりしました。また、様々な若いダンサーの存在に注目するようになりました。

友美は、4月から2年間、桜美林大学の舞研に残り、制作の勉強兼仕事をするので、これからも大学のいろいろな情報は入ってくると思いますし、知っている子も沢山いるので、OPAPなどは、見に行きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらプラザフェスティバル無事終了!

5日(土)、6日(日)、さくらプラザフェスティバルで、3年生以下のメンバーが元気に踊ることができました。

5日は、ソロが多かったので、お客様が少なかったのですが、6日は、びっしりのお客様で、初舞台の子もがんばって踊ってくれました。

2人ほど病気で出演できなかったのですが、インフルエンザが流行っている割には、みんな参加できてよかったです。

6月の発表会には、もっともっと上手になって舞台に立てるよう練習していきましょう。

次は、月末のコンクールです。明日から休みなしでがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひなまつり

今日は、ひなまつりです。

子りすのメンバーのおうちでは、おひなさまが飾ってあり、今日の夜は、ひなまつりパーティーが行われることと思います。

もう子どもではない娘たちの我が家では、おひなさまを出しても見る人もなく(父は見ていますが…)、私一人で出し入れするので、ここ2・3年出していません。

せめて手巻きずしに菜の花のおひたし、はまぐりのお吸い物に夜はしようかと思っています。

というものの7時半までは、くるみの会のレッスンがあります。

くるみは、「ふれ愛こんさーと」がおわり、ちいさい子たちは、「支那扇」という曲を練習しはじめました。扇子を使うこの踊りは、楽しいらしく、みんながんばって踊っています。

子りすの方は、群舞集の踊りに入っており、こちらも小さい子たちの「スーパー・カーリー・フラジリック・エキスピアリ・ドーシャス」(あっているかな?)は、みんなのって踊っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »